丸の内出張マッサージ

電話予約 スマホ、携帯から⇒03-6280-3371

丸ノ内付近の自宅やホテル(ホテルメトロポリタン丸の内,フォーシーズンズホテル丸の内 東京,丸ノ内ホテル)に交通費無料でご案内いたします。



施術の風景


自宅やホテル


リンパマッサージ


丸ノ内付近


出張マッサージ

リンパの壺でボディケアやフェイスケアをしてもらう様になり、暫く経過しています。
初めてリンパの壺を知ったのは、リンパマッサージの口コミサイトでした。
自宅にいながら気楽にリンパマッサージを受けられる・・・そんな文字に興味をそそられまして、リンパの壺のHPへ飛んだことが一番最初のきっかけでした。
今までサロンでフェイシャルや、出張マッサージを受けた経験がありましたが、予約を入れて、サロンへ行くのにある程度の身支度をしていざサロンへ・・そんな事が面倒に感じて、段々と足が遠のいた経験がありました。
しかし出張マッサージならば、こちらの好きな日程の時間に自宅に来てもらえるので、お風呂に入った後のすっぴんのスタイルでも問題ないところが一番惹かれました。
初めてセラピストさんが自宅へ来てくれた時はどんな方が来るのか分らなかったので、小さなドキドキはありました。
しかし、実際にいらした方はとてもチャーミングな上にとっても清楚でフェイシャルや時にリンパマッサージを安心して託せる感じがしました。
またいくら女性同士でも信頼関係がないと身体に振られる事には抵抗がありますが、リンパの壺のセラピストさんは何故か来る人来る人、落ちついた雰囲気で信用ができます。
これからも生活の中のお楽しみとして、たまに出張マッサージを利用したいと思っていますが、またリンパの壺でお願いすると思います。

丸の内は古い建物が魅力

明治時代に陸軍の練兵場であった丸の内を三菱の岩崎弥之助が買取ってから、丸の内は三菱村と呼ばれるほど三菱系企業のビルが建ち並び、日本経済のメッカとして栄えてきましたが、バブル崩壊以降は斜陽の地となります。
しかし、近年では新丸ビルを始め、丸の内オアゾ、丸の内ブリックスクエア、東京ビルTOKIA、iiyo、KITTEなどの商業施設が建ち並び、新しいショッピングエリアとして再生されてきています。
しかし、丸の内の魅力は何と言っても、100年の歴史を漂わせる古い建物です。
そしてその代表が、赤レンガの三菱一号館美術館です。1894(明治27)年に三菱が丸の内に初めて建設した洋風事務所です。1968(昭和43)年に解体されますが、元通りに復元されました。当時は三菱合資会社の銀行部が入っていたほか、三階建ての貸事務所として使用されていました。
また、明治生命館も必見です。1934(昭和7)年に建てられますが、ネオ・ルネサンス様式の最高傑作と評されており、国の重要文化財に指定されています。明治生命の本社屋として建設され、現在も明治安田生命の本社として使用されています。
それと、1914(大正3)年に建てられた重要文化財である東京駅も丸の内の代表的建物です。太平洋戦争の空襲で3階の部分とドーム型の屋根が壊れましたが、当時の姿に復元され、エキナカとともに人気スポットになっています。

丸の内付近の出張マッサージ関連地域

  • 有楽町出張マッサージ
  • 日比谷出張マッサージ
  • 八重洲出張マッサージ
  • トップページ

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ