神田出張マッサージ

最終更新日 2021年9月18日 公開日 2016年10月18日

神田出張マッサージ

電話予約 スマホ、携帯から⇒
080-7812-3053

メンズエステやエステ店が数多くある神田駅周辺で東京リンパの壺では、神田のお客様のご自宅や滞在先シティホテル、ビジネスホテルにお電話一本で、女性セラピストがお伺いする神田の出張マッサージの専門店です。エステやメンズエステ、マッサージ店など色々とございますがリンパの壺では、リラクゼーションと癒やしを出張マッサージという形でお届けしております。是非、ご利用ください。

度重なる疲労が、ピークに達した時などヘッドマッサージ、ストレッチ、フェイシャルマッサージ、オイルマッサージ、12種類の種目の中よりお客様に合わせた施術を組み合わせる事が出来ます。

また、当店セラピストは、全て経験豊富な日本人セラピストのみお伺いしますので安心してマッサージの施術が受ける事が出来ます。是非、リラクゼーションをご満喫ください。

神田出張マッサージの特徴


神田出張マッサージの施術


神田出張マッサージの料金


神田出張マッサージの交通費


神田出張マッサージ

東京リンパの壺への電話

※営業時間 20時から翌04時まで 年中無休
※予約・受付 18時から翌04時まで

神田周辺エリア情報

神田周辺エリア情報、神田駅付近

出張マッサージにお伺いする神田とは、東京都千代田区の地名で、区内では北東部に位置しています。同区内における神田の地名は数多く存在しており、神田鍛冶町や神田神保町など20以上です。外神田も含まれ、住所から見ると秋葉原が有名となっています。

神田は全体的に発展している点が特徴で、ビジネスや観光とショッピングのように、様々な目的で国内外からたくさんの人が集まるエリアです。鉄道が利用しやすい点も神田の特徴として挙げられ、神保町や岩本町と淡路町のように町のいくつかは駅名に付けられています。

神田駅もその中のひとつで、乗り入れ路線はJR線(山手線・京浜東北線・中央線)と東京メトロ(銀座線)です。神田駅は東京駅の隣駅なので数分でアクセスでき、羽田空港からも約30分と立地の良さが特徴となっています。このほか、御茶ノ水駅と水道橋駅も神田のエリア内です。高速道路が利用しやすい点も特徴で、首都高速都心環状線は神田橋と西神田出入口、首都高速1号上野線は本町出入口が設置されています。

神田出張マッサージの利用料金

神田出張交通費 無料
所要時間 最短で30分以内
時間 料金
90min \14,000
120min \18,000
150min \23,000
180min \27,000
240min \36,000
延長 30min \6,000
指名料 \1,000
オプション 無敵のリンパ \2,000

神田で出張マッサージをご利用方法

初めて、神田で出張マッサージを利用しますが、利用方法を教えてもらえますか?
男性のお客様
男性のお客様
リンパの壺のセラピスト
リンパの壺のセラピスト

  1. 神田でご利用の方、まずは、お電話下さい
  2. ご利用場所の住所又は、ホテル名を連絡して下さい。
  3. セラピストが到着、お伺いいたします。
  4. セラピストにご希望のコース時間お伝え下さい。
  5. これより施術開始

出張マッサージにお伺いする神田駅付近のホテル

  • 神田出張マッサージを利用できるホテル「ホテルリブマックス東京神田駅前」ホテルリブマックス東京神田駅前
  • 神田出張マッサージを利用できるホテル「ホテルリブマックス東京神田EAST」ホテルリブマックス東京神田EAST
  • 神田出張マッサージを利用できるホテル「アパホテル〈神田駅前〉」アパホテル〈神田駅前〉
  • 神田出張マッサージを利用できるホテル「京王プレッソイン神田」京王プレッソイン神田
  • 神田出張マッサージを利用できるホテル「相鉄フレッサイン東京神田」相鉄フレッサイン東京神田
  • 神田出張マッサージを利用できるホテル「コンフォートホテル東京神田」コンフォートホテル東京神田
  • 神田出張マッサージを利用できるホテル「神田グランドセントラルホテル」神田グランドセントラルホテル
  • 神田出張マッサージを利用できるホテル「トーセイホテルココネ神田」トーセイホテルココネ神田

ホテル名 電話番号 概要
アパホテル〈神田駅前〉 03-3526-5715 東京メトロ銀座線「神田駅」(3番出口)から徒歩2分、JR山手線・京浜東北線・中央線「神田駅」(東口)から徒歩3分
コンフォートホテル東京神田 03-5297-2711 東京都千代田区神田東松下町 11-2 [地図]
ホテルリブマックス東京神田EAST 03-5687-8080 JR山手線「神田」駅 東口 徒歩約5分 [地図]
神田セントラルホテル 0120-102-844 JR山の手線神田駅下車、西口より徒歩1分
京王プレッソイン神田 03-3252-0202 千代田区神田多町2丁目8
神田ステーションホテル 03-3256-3221 神田駅南口より徒歩1分 [地図]
神田グランドセントラルホテル 03-3256-3211 東京都千代田区神田司町2丁目2
ユニゾイン神田駅西 03-5289-3489 東京都千代田区内神田2丁目8−4
ザ・ワンファイブ東京神田 0570-035-015 千代田区内神田3丁目1−6
ホテルマイステイズ神田 03-5835-3939 JR神田駅徒歩6分
コンフォートホテル東京東神田 03-3865-2611 千代田区東神田1丁目9-10
オリンピックイン神田 03-5256-5050 JR神田駅東口または銀座線神田駅4番出口より徒歩4分
ドーミーインPREMIUM神田 03-3256-5489 千代田区神田須田町1−16

神田で受ける出張マッサージの施術とは?

神田で受ける出張マッサージの施術とは?

マッサージをしてもらうのにはお店まで行かなきゃいけないというのはもはや絶対的なことではないです。マッサージとは自分でできる部分もありますが人にやってもらうということがあり、一番気持ちいいものであってマッサージというお店が存在しているのもそういうわけです。そんなマッサージをしてくれる人を呼ぶことができるのが出張マッサージです。出張マッサージでは自分のいる所まで呼ぶ取ることができるわけですから、自分は特に行ったり帰ったりというすることがないので実に楽です。また、自分の完全なプライベート空間でマッサージを楽しむことができるということにもなりますのでリラックス効果もお店の所よりも良い場合も多いです。そういう意味で見ても出張マッサージというのは来てくれるというところに最大限の利点があると言えますし、人によってはお店のマッサージ店よりも遥かに良いサービスを受けることができる人も多いわけです。そこが魅力になります。

東京リンパの壺の2021年10月08日出勤情報

※リンパの壺のセラピスト・スタッフは、マッサージ店・エステサロン・エステスクール、メンズエステなどの経験者で施術歴5年以上の有資格者のみで構成されております。詳しくはプロフィールをご覧下さい。
  • 出張マッサージのセラピスト 氷川ゆみ氷川ゆみ
  • 出張マッサージのセラピスト 保科めぐみ保科めぐみ
  • 出張マッサージのセラピスト 石原りか石原りか
  • 出張マッサージのセラピスト 中川美紀中川美紀
  • 出張マッサージのセラピスト 飯田亜美飯田亜美
  • 出張マッサージのセラピスト 宮城小春浜崎美優

  • 出張マッサージの電話
  • 出張マッサージの体験漫画


運営情報

店名 東京リンパの壺
所在地 東京都港区高輪3丁目20番地12号
電話番号 080-7812-3053
メールアドレス info@thubo.biz
URL https://thubo.biz/
営業時間 20:00~04:00
予約・受付 18:00~04:00
定休日 年中無休
※東京都内の出張マッサージ、リラクセーションにおいて2016年弊社にて調べ

神田付近の出張地域及関連記事

千代田区・神田(交通費無料最短20分から30分でセラピストがお伺いします。)
コース料金のみで90分14,000円(税込)
神保町・麹町・秋葉原・岩本町御茶ノ水日比谷有楽町隼町九段下東京駅半蔵門大手町平河町霞ヶ関紀尾井町丸の内内幸町飯田橋

新宿区・新宿市ヶ谷神楽坂信濃町四谷

豊島区池袋巣鴨

文京区湯島本郷小石川根津水道橋

神田 (千代田区)

神田(かんだ)は、東京都千代田区北東部の地区の地名である。旧東京市神田区。
町名
現在、神田を冠称する町名が多く見られるのは、千代田区発足時の町名変更の名残である。

1947年に神田区が麹町区と合併し千代田区が発足する際、神田区内の町名にはすべて「神田」を冠称する町名変更がなされた(例、神保町を神田神保町に、岩本町を神田岩本町に変更。ただし、既に「神田」の名称が付いていた東神田と西神田は町名変更されなかった。一方、麹町区内の町名については変更はなかった)。神田区の名前が消滅することを惜しむ住民の声に行政が応えたとも、麹町区と神田区に同じ町名(平河町)が存在するための便宜上の措置だったとも言われる(ただし、過去には「神田」を冠称する町名と冠称しない町名が混在しており、「神田」を冠称するものについては1911年にすべて省く町名変更が行われた。したがって、神田を冠称する町名が千代田区発足時にはじめて誕生したわけではない)。
歴史
地名の由来については、神田(歴史用語)、神田明神の項を参照のこと。

元は、現在の大手町の平将門首塚付近から神田山(駿河台)にかけての一帯を指したが、江戸城城下町整備後には常盤橋から浅草橋にかけての奥州往還沿いに成立した本町通りの北側地域を指すようになった。

江戸時代後期には、幕府が武芸修練所として現在の小川町に設置した講武所や、北辰一刀流剣術の玄武館などの剣術道場があった。伝馬町牢屋敷も置かれ、安政の大獄では多くの人物が処刑された。

千葉周作の道場(玄武館)
練武館
1878年(明治11年)、東京15区の一つとして神田区が成立。1889年、市制の施行により東京市が発足し、東京市神田区となる。

明治維新後、旧幕府直轄地や護持院ヶ原などの火除地が接収され、そこに東京大学・学習院・東京外国語学校などの官立学校が設置され、さらに明治10年代から東京法学社、専修学校、英吉利法律学校、明治法律学校、日本法律学校といった主に法科、経済科を中心とした私立学校が立ち始める。周辺には学生寮・寄宿舎・下宿が建ち、現在の靖国通り周辺には法律図書などの専門書店が建って学生街が形成された。やがて学校は1903年(明治36年)の専門学校令、1919年(大正8年)の大学令を経て大学となり(上記学校はそれぞれ法政、専修、中央、明治、日大の前身で「神田五大学」と呼ばれた[2])、文学系や自然系の他科も開設されさらに多くの学生を集めた。医科を開いた学校には病院も併設された。書店には文学や理工学の専門書以外に古書や一般書籍を扱う書店が加わって書店の商店街となった(現在では世界最大となる古本屋街を形成するに至っている)。

1943年(昭和18年)、東京府と東京市が合併し、東京都神田区となる。1947年に神田区と麹町区が合併し、千代田区が成立。旧神田区の町名には一律「神田」が冠称される(「神田」の冠称については、一部の町では江戸時代から行われていたが、1911年5月1日の町名変更で省かれていた)。

引用元:神田 (千代田区)

  |  


トップページ

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Call Now Buttonお電話は、こちら