神田出張マッサージ

JR神田付近の自宅やホテルに交通費無料でご案内いたします。

電話予約 スマホ、携帯から⇒
080-7812-3053

リンパの壺の特徴


出張マッサージの料金


出張マッサージの交通費


オイルマッサージ


神田出張マッサージ

電話


出張中の体調管理は意外と大切にしています。
普段から食べる物や適度な運動をする事には気にするタイプの人間です。
なので、出張中の体調管理も万全にしたいと思うのです。
私が出張先で必ず心がけている事は、青汁を飲む事と、汗を必ず掻く為にサウナを利用する事。マッサージで体の筋肉を整えてもらう事です。
食べる物に関しては出張中は拘りを持つ事が出来ないので、その他の面では気を配りをします。
都内ですとサウナとマッサージはほぼ決めている店があります。
サウナに関しては2日1度、マッサージに関しては出張がショートならば1回、ロングならば2回と決めています。
ここのところ連続でお願いしているディープリンパはリンパの壺という出張専門ですが、深夜まで営業をしていることと、全身も出来ますし、下半身や足だけでも大丈夫でコースが多いのでその時の疲れ方で選ぶコースを決めます。
特にお気に入りのコースはオイルを使ったものです。勿論オイルを持ってきてくれますが、ベッドカバーなどが汚れない様にとタオルなども持参してくれるので、こちらが用意する手間がありません。
青汁とサウナとマッサージのルーティンを守ると、体調はすこぶる良い様に感じます。
今後も神田方面での仕事が多くなる予定ですので、益々お世話になると思います。

セラピストのプロフィールコース料金お客様の感想

疲れが一気に消える神田のオイルマッサージ

仕事の疲れが蓄積していたのでオイルマッサージの受けられる店舗を利用しました。丁寧な施術とアロマオイルの落ち着いた香りが悩み事やストレスを軽減してくれているような感じでしたし、適度に談笑してくれるスタッフさんの対応が良かったと思います。120分コースでじっくりとアロマトリートメントを受けられたので、疲労を感じていた足腰も軽くなった印象でした。最初は適度に痛みを感じるマッサージではありましたが、徐々に筋肉がほぐれていく感じだったので、時間の経過と共に不要な痛みが取れていく様子が見受けられました。背中や肩の怠さも取れましたし、オイルの心地よい香りが長時間残っていたので、リフレッシュした気持ちを保ったまま帰宅出来ました。

出張マッサージにお伺いする神田駅付近のホテル

  • ホテルスイ神田バイアベストホテルスイ神田バイアベスト
  • オリンピックイン神田オリンピックイン神田
  • ベルケンホテル神田ベルケンホテル神田
  • ユニゾイン神田駅西ユニゾイン神田駅西

アパホテル〈神田駅前〉
東京都千代田区鍛冶町2丁目10番地3号
東京メトロ銀座線「神田駅」(3番出口)から徒歩2分、JR山手線・京浜東北線・中央線「神田駅」(東口)から徒歩3分

神田駅徒歩5分、0.4 kmのコンフォートホテル東京神田
神田駅からも割りと近くホテルまでに飲食代がたくさんあって助かりました。
東京都千代田区神田東松下町 11-2

JR神田駅・東京メトロ銀座線神田駅より徒歩4分0.4 kmのホテルSUI神田byABEST
千代田区鍛冶町1-9-15
東京駅から一駅、さらに徒歩数分と抜群のアクセスで、神田駅近辺の繁華街(西口商店街)からは少し離れています

学士会館ホテル

JR神田駅から徒歩約5分のホテルマイステイズ神田
秋葉原電気街から 3 km 圏内

総武本線・馬喰町駅から徒歩3分(265m)のコンフォートホテル東京東神田
東京都千代田区東神田1丁目9-10
主要な観光地、商業施設に行けます 交通機関の利用なしでも楽しく移動、エレベーターもルームキーが必要

神田駅から徒歩3分(274m)の相鉄フレッサイン東京神田
東京都千代田区神田紺屋町8-1
東京キャラクターストリート (1.3 km)、および神田明神 (1.3 km)
駅近なので、交通の便がとても良かったです。ホテル内はとても綺麗。エレベーターはカードキー

ホテルリブマックス東京神田EAST
JR山手線「神田」駅 東口 徒歩約5分

■以下、ご案内が出来ないホテル
セントラルホテル
ニューセントラルホテル
京王プレッソイン神田
神田ステーションホテル

神田エリアとアクセスについて

出張マッサージにお伺いする神田駅付近

神田は東京都千代田区の地名で、区内では北東部に位置しています。同区内における神田の地名は数多く存在しており、神田鍛冶町や神田神保町など20以上です。外神田も含まれ、住所から見ると秋葉原が有名となっています。神田は全体的に発展している点が特徴で、ビジネスや観光とショッピングのように、様々な目的で国内外からたくさんの人が集まるエリアです。鉄道が利用しやすい点も神田の特徴として挙げられ、神保町や岩本町と淡路町のように町のいくつかは駅名に付けられています。神田駅もその中のひとつで、乗り入れ路線はJR線(山手線・京浜東北線・中央線)と東京メトロ(銀座線)です。神田駅は東京駅の隣駅なので数分でアクセスでき、羽田空港からも約30分と立地の良さが特徴となっています。このほか、御茶ノ水駅と水道橋駅も神田のエリア内です。高速道路が利用しやすい点も特徴で、首都高速都心環状線は神田橋と西神田出入口、首都高速1号上野線は本町出入口が設置されています。

出張マッサージ「東京リンパの壺」について

「東京リンパの壺」ではお客様のご自宅やご宿泊先のシティホテル、ビジネスホテルにセラピストを派遣する出張マッサージです。当店 では様々なスタッフ達が在籍しております。 お客様の疲れや癒しに合わせてご希望などお申し付けください。 当店は、お客様に最高の”癒し”をコンセプトに上質で本格的な 出張マッサージをお電話1本で簡単にご利用いただけます。 アロマトリートメント、ボディケア(もみほぐし)、 リフレクソロジー、リンパマッサージ等、気軽に受けることの出来る東京都内の出張マッサージ店です。

毎日のお仕事でお疲れではございませんか? 自宅に帰られ、お電話1本で日頃の疲れを当店『東京リンパの壺』の セラピストがあなた様に最高の癒しをご提供いたします。 当店のセラピストは、すべて女性になりますのでご安心してご利用くださいませ。男性の方はもちろん女性の方のご利用もお待ちしております。



2020年12月04日最新情報 オススメセラピスト

  • 出張マッサージのセラピスト 氷川ゆみ氷川ゆみ
  • 出張マッサージのセラピスト 保科めぐみ保科めぐみ
  • 出張マッサージのセラピスト 石原りか石原りか
  • 出張マッサージのセラピスト 中川美紀中川美紀
  • 出張マッサージのセラピスト 飯田亜美飯田亜美
  • 出張マッサージのセラピスト 宮城小春宮城小春

  • 出張マッサージの電話
  • 出張マッサージの体験漫画

神田付近の出張地域及関連記事

千代田区神田(交通費無料最短20分から30分でセラピストがお伺いします。)
コース料金のみで90分14,000円(税込)
神保町・麹町・秋葉原・岩本町飯田橋御茶ノ水日比谷有楽町隼町九段下東京駅半蔵門大手町平河町霞ヶ関紀尾井町丸の内外苑前

新宿区・新宿市ヶ谷神楽坂信濃町四谷

豊島区池袋巣鴨

文京区湯島本郷小石川根津水道橋

神田 (千代田区)

神田(かんだ)は、東京都千代田区北東部の地区の地名である。旧東京市神田区。
町名
現在、神田を冠称する町名が多く見られるのは、千代田区発足時の町名変更の名残である。

1947年に神田区が麹町区と合併し千代田区が発足する際、神田区内の町名にはすべて「神田」を冠称する町名変更がなされた(例、神保町を神田神保町に、岩本町を神田岩本町に変更。ただし、既に「神田」の名称が付いていた東神田と西神田は町名変更されなかった。一方、麹町区内の町名については変更はなかった)。神田区の名前が消滅することを惜しむ住民の声に行政が応えたとも、麹町区と神田区に同じ町名(平河町)が存在するための便宜上の措置だったとも言われる(ただし、過去には「神田」を冠称する町名と冠称しない町名が混在しており、「神田」を冠称するものについては1911年にすべて省く町名変更が行われた。したがって、神田を冠称する町名が千代田区発足時にはじめて誕生したわけではない)。
歴史
地名の由来については、神田(歴史用語)、神田明神の項を参照のこと。

元は、現在の大手町の平将門首塚付近から神田山(駿河台)にかけての一帯を指したが、江戸城城下町整備後には常盤橋から浅草橋にかけての奥州往還沿いに成立した本町通りの北側地域を指すようになった。

江戸時代後期には、幕府が武芸修練所として現在の小川町に設置した講武所や、北辰一刀流剣術の玄武館などの剣術道場があった。伝馬町牢屋敷も置かれ、安政の大獄では多くの人物が処刑された。

千葉周作の道場(玄武館)
練武館
1878年(明治11年)、東京15区の一つとして神田区が成立。1889年、市制の施行により東京市が発足し、東京市神田区となる。

明治維新後、旧幕府直轄地や護持院ヶ原などの火除地が接収され、そこに東京大学・学習院・東京外国語学校などの官立学校が設置され、さらに明治10年代から東京法学社、専修学校、英吉利法律学校、明治法律学校、日本法律学校といった主に法科、経済科を中心とした私立学校が立ち始める。周辺には学生寮・寄宿舎・下宿が建ち、現在の靖国通り周辺には法律図書などの専門書店が建って学生街が形成された。やがて学校は1903年(明治36年)の専門学校令、1919年(大正8年)の大学令を経て大学となり(上記学校はそれぞれ法政、専修、中央、明治、日大の前身で「神田五大学」と呼ばれた[2])、文学系や自然系の他科も開設されさらに多くの学生を集めた。医科を開いた学校には病院も併設された。書店には文学や理工学の専門書以外に古書や一般書籍を扱う書店が加わって書店の商店街となった(現在では世界最大となる古本屋街を形成するに至っている)。

1943年(昭和18年)、東京府と東京市が合併し、東京都神田区となる。1947年に神田区と麹町区が合併し、千代田区が成立。旧神田区の町名には一律「神田」が冠称される(「神田」の冠称については、一部の町では江戸時代から行われていたが、1911年5月1日の町名変更で省かれていた)。

引用元:神田 (千代田区)

神保町出張マッサージ  |  秋葉原出張マッサージ

トップページ

サブコンテンツ

このページの先頭へ