スウェディッシュマッサージ

スウェディッシュマッサージとは、一般的に知られているオイルマッサージよりも少量のオイルを用いて深い筋肉にまでストレッチ効果を与え解していくマッサージです。また、筋肉を解していくのでリンパマッサージのように揉みほぐしが痛いということもありません。
「スウェディッシュマッサージ」はその名の通り、スウェーデンで生まれました。「スウェーデン体操の父」と呼ばれるパー・ヘンリック・リングという人物がスウェディッシュマッサージを作り上げたと言われています。詩人であり医者である彼は様々な土地を旅しながら、マッサージを確立していきました。それは西洋医学に基づいたマッサージ方法で、「医療体操」として開発されました。彼の死後、スウェーデン唯一のマッサージ師の養成学校「王立中央体操研究所」が設立されました。のちに多くの研究者によって研究が進められ、科学的に効果があることが証明されています。
このスウェディッシュマッサージは今現在も欧米で、リラクゼーション効果、治療的効果のあるボディケアとして広く知られており、エステティックなどを学ぶ際の基礎技術とされています。また、日本でもポピュラーなオイルマッサージの源流と言われています。

ゆったりとしたリズムが魅力的なスウェディッシュマッサージ

スウェディッシュマッサージはその名の通り、スウェーデンで生まれたマッサージです。現地スウェーデンではクラシックマッサージと呼ばれており、現代のオイルマッサージの基本となったものであるともいわれています。ゆっくりとオイルで体全体をほぐしていくため、コリや疲れの解消といったフィジカル的な効果はもちろん、精神的な癒やし効果を得ることも可能です。強く揉み込んだりということがないので、痛いのが苦手という方でもリラックスした状態でマッサージを堪能することができるでしょう。
スウェディッシュマッサージは一般的なアロママッサージよりもオイルの量が少ないという特徴があります。オイルを足さずに最後まで施術をすることで、はじめはオイルによって滑るようなマッサージを、オイルが浸透してきたらより深い部分に作用するようにスポーツマッサージの要領で筋肉に深くアプローチするなど段階的なマッサージを可能としています。また、オイルを少なめにすることでオイルによって体が冷えてしまうことを防ぐという面もあり、寒さが厳しいスウェーデンゆえの工夫であるともいえるでしょう。
スウェディッシュマッサージはいわゆるリンパマッサージのようにしっかりと体をほぐすのは苦手だけれども、かといってリラックス効果重視の優しいアロママッサージでは体の疲れが取れない、このような方におすすめなマッサージです。

セラピストによる各種施術メニュー


トップページ

サブコンテンツ

このページの先頭へ