タイ古式マッサージ

タイ古式マッサージとは、タイの伝統的な医学の一種であり、仏教が布教と同時に約2500年前からタイに伝わり非常に古くからの歴史があります。
タイ古式マッサージの特徴は、頭頂部から足先までの、体の全ての部分を施術の対象としていることです。その構成は、ほぐし、ストレッチ、矯正の三つの部門の流れに組んで行われます。ほぐしにより凝り固まった細胞や筋肉を柔らかくし、ストレッチでそのほぐした体の組織を更に柔軟にして、仕上げに矯正で体のズレを整ええます。
一般的なマッサーシ゛の違いは、施術を行う人は手の平や肘だけではなく、足なとの体の色々な部分を使い体を刺激していきます。体を流れるエネルキ゛ーライン(セン)を刺激し、疲れにより固くなった筋肉や細胞をほぐすことにより、血流か゛促され、自律神経のハ゛ランスか゛整い、免疫力や自然治癒能力を高める効果か゛期待されます。
医学的にも、頭痛、腰痛、肩こりをはじめとし、高血圧やアレルギー等様々な症状に効果があると言われています。
また、タイ古式マッサージの施術を受けている時、脳内は幸せホルモンと呼ばれるセラトニンを分泌し、とてもリラックスした状態になります。この精神を安定させて、心をリラックスし身も心も、疲れがほぐれてスッキリするのが魅力です。

タイ古式マッサージとはどのようなマッサージなのか

タイ古式マッサーシ゛は名前だけは聞いたことがある方は多いかと思いますが、実際どのようなマッサージなのかまで知る方はそれほど多くはないです。このマッサージはタイの伝統医学の一つになっていることをまずは知っておきたいところです。その歴史はかなり古く今から約2500年前に仏教とともにタイに伝わったとされています。相当古くからあるマッサージであることがこのことから分かります。それとタイ古式マッサーシ゛の開祖は、フ゛ッタの主治医た゛ったシウ゛ァカ師だと伝えられています。なおこのマッサージの特徴は、頭の先から爪先まで全身を隈なくマッサージをしていくことにあります。体の一部分だけに特化したマッサージではなく全体的にマッサージを行っていきます。そして一般的マッサージでは指圧て゛行っていきますが、タイ古式マッサージでは施術者の手のひらや肘さらには膝などの体の色々な部分を使って筋肉に対して刺激を行います。そのため施術中は痛みを感じるのではないかと考える方もいらっしゃいますが、そのようなことはありません。痛みを伴ったり強引な施術をするわけではありませんので、痛みに関しての心配はする必要はないです。むしろ、タイ古式マッサージの施術中は心地良い気分になります。施術中は精神的にも身体的にもリラックスした状態になることができます。ウトウトと眠りこけてしまうほど至福の時を過ごすことができます。このことから、タイ古式マッサージはどのマッサージよりも気持ち良いと言われています。

参照元:タイ古式マッサージ
https://thubo.tokyo/lp/bb/

セラピストによる各種施術メニュー


トップページ

サブコンテンツ

このページの先頭へ