台東区出張マッサージ

電話予約 スマホ、携帯から⇒03-6280-3371



施術の風景


セラピスト紹介


リンパマッサージ


オイルマッサージ


台東区


みなさんはこれまでに一度でも出張マッサージを受けた事はありますでしょうか?きっと多くの方はこれまでに一度も出張マッサージを受けた事はないと思います。
ですが、そういう人も今後マッサージをける機会があるなら一度は出張マッサージを受けてみる事をおすすめします。
それはどうしてかというと、私もつい最近までマッサージを受けるのに
わざわざ出張マッサージを利用する必要もないと思っていました。
ですが、実際に出張マッサージを受けてみると私が思っていたのとは違って
出張マッサージというのは受けてみる価値があると思いました。
特に私がそう思ったのは出張マッサージを受ける前はマッサージチェアで十分だと思っていたのですが、実際に出張マッサージを頼むとすぐにプロのマッサージ師が来てマッサージを受ける事が出来た上にマッサージの質もマッサージチェアとは大違いと思いました。では、実際に出張マッサージでセラピストのマッサージを受ける利点はどういうのがあるのかというと体全体の中で今一番どこが凝っているのかというのがすぐに分かるのが良いと思いました。
それでその凝っている個所を重点的にマッサージをしてもらえるのでマッサージチェアみたいにただ機械的にマッサージを受けるのとは違うのでとても良いと思いました。

台東区の文学と歴史

聖観音宗総本山の『金龍寺浅草神社』で拝観する事ができる『聖観世音菩薩像』は、628年の推古天皇の時代に示現した事になっています。942年に平公雅が、現在より300メートル東寄りに『雷門』を建造しました。この『雷門』は、2020年に実施される東京オリンピックのマラソンコースの折り返し地点になっています。1941年に『青果の市』で芥川賞を受賞した『芝木好子』は、浅草馬道一丁目に呉服店を営んでいた芝木倉次郎の長女として誕生しました。1700年頃から雷門から宝蔵門まで140メートルの道路に86の店が立ち並んでいる通りを『仲見世』と呼びます。日本郵政会社横浜支店長の父親の久一郎に米国留学を勧められた『永井荷風』は、正金銀行のニューヨークやリヨンの支店を勤務した後帰国し、文学界に新風を送る文学者になりますが、時代背景もあり、1942年に発表した『ふらんす物語』や『歡楽』は、刊行する前に発禁となってしまいました。1928年に尾崎士郎に誘われて浅草にある馬込文士村の住民となった『川端康成』の作品には、『浅草日記』『浅草祭』『浅草の九官鳥』『浅草の女』などの浅草ものを多数描いています。現在も早朝6時に鳴り響く『時の鐘』が、中腹にある弁天山は、1830年に今原喜多女が奉納しました。現在ある弁天山の弁天堂は、1983年に再興しました。

台東区内の出張マッサージ関連地域

  • 上野出張マッサージ
  • 浅草出張マッサージ
  • トップページ

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ