明石町出張マッサージ

電話予約 スマホ、携帯から⇒080-7812-3053



リンパの壺の特徴


出張マッサージの料金


出張マッサージの交通費


オイルマッサージ


出張マッサージ

電話


■東京都中央区明石町出張マッサージ 30代女性
初めて利用させてもらいました。強めのマッサージですごく良かったです!マッサージが終わった後は、とにかく肩、背中がすっきり楽になりました。またお願いします!

肩とお背中が辛かったとの事ですが、お客様のお疲れ解消に貢献できたようで良かったです!当店のセラピストのマッサージのご満足頂けたようで嬉しく思います♪今後も、お客様のお疲れをしっかりとほぐせる施術をご提供していけるよう努めてまいりますので、ぜひまたお待ちしております☆とっても励みになるご感想をありがとうございました。

■東京都中央区明石町 40代男性
リピートさせて頂きました。前回と同じく足裏をしっかりやって頂きましたが、今回も本当にすごく丁寧に施術して頂きました。丁寧な足裏マッサージとアロママッサージで、滞りがしっかりと流れている感じがして、とても良いです。また今後も利用したいです。

しっかりと足裏の施術をしてもらうと、体がすごくすっきり軽くなりますよね♪当店のセラピストの技術にご満足頂けている様で本当に嬉しいです(^^)今後も、お客様にご満足頂ける施術をご提供していけるように尽力してまいりますので、またどうぞよろしくお願い致します!素敵なご感想を本当にありがとうございました!

京橋地域内東部に位置する明石町

東京・中央区。旧京橋区にあたる、京橋地域内東部に位置する明石町。江戸時代には、赤穗事件で有名な赤穗藩浅野家の藩邸も含む武家地と町人街が織り交ざった地域だったそうです。また、中津藩奥平家の中屋敷で前野良沢らが解体新書を完成させた事から、蘭学事始の地とされています。この奥平家の中屋敷は、1858年に、福沢諭吉が、慶応義塾の全身でもある蘭学塾を開いた地であります。明治に入ると、1869年に築地居留地が設けられたことで、文明開化の中心地となりました。更に、日本初の公共電信が敷かれた、電信創業の場所ともされています。ほかにも、慶應義塾のほか、立教大学、明治学院などなど、多くの大学の発祥の地でもあり指紋研究発祥の地であったり、隣接する築地が活字発祥の地で会ったり、入船が靴業発祥の地であったり…このエリアを発祥地とするものは数多くあるのだそうです。探求心の旺盛な方たちが集まっていたのですね!さすが文明開化の中心地☆ちなみに、明石町の名前は、兵庫県の明石から由来しているそうです。この付近は、その存在によってこのエリア一帯が東京大空襲の被害を免れたともされる、『聖路加病院』が有名です。聖路加国際大学の、聖ルカ礼拝堂は大学や病院が発達するにつれて、患者さんや病院・大学の教職員、学生の為の祈りの場として設けられたそうです。出入り自由の無料コンサートが開催されていたり、長くこのエリアにいる方にはとても大切に想われている場所のようです。1994年開業の聖路加ガーデンでは、商業施設も入っており、絶景を楽しめる『天空のビアテラス』ルークウィズラウンジや、水上バス、展望台など、見所も盛りだくさんです。

出張マッサージ「東京リンパの壺」について

「東京リンパの壺」ではお客様のご自宅やご宿泊先のシティホテル、ビジネスホテルにセラピストを派遣する出張マッサージです。当店 では様々なスタッフ達が在籍しております。 お客様の疲れや癒しに合わせてご希望などお申し付けください。 当店は、お客様に最高の”癒し”をコンセプトに上質で本格的な 出張マッサージをお電話1本で簡単にご利用いただけます。 アロマトリートメント、ボディケア(もみほぐし)、 リフレクソロジー、リンパマッサージ等、気軽に受けることの出来る東京都内の出張マッサージ店です。

毎日のお仕事でお疲れではございませんか? 自宅に帰られ、お電話1本で日頃の疲れを当店『東京リンパの壺』の セラピストがあなた様に最高の癒しをご提供いたします。 当店のセラピストは、すべて女性になりますのでご安心してご利用くださいませ。男性の方はもちろん女性の方のご利用もお待ちしております。



2020年9月24日最新情報 オススメセラピスト

  • 出張マッサージのセラピスト 氷川ゆみ氷川ゆみ
  • 出張マッサージのセラピスト 保科めぐみ保科めぐみ
  • 出張マッサージのセラピスト 石原りか石原りか
  • 出張マッサージのセラピスト 中川美紀中川美紀
  • 出張マッサージのセラピスト 飯田亜美飯田亜美
  • 出張マッサージのセラピスト 宮城小春宮城小春

  • 出張マッサージの電話
  • 出張マッサージの体験漫画

明石町付近の出張マッサージ関連地域

中央区・明石町(交通費無料最短20分から30分でセラピストがお伺いします。)
日本橋箱崎勝どき京橋晴海築地銀座茅場町小伝馬町月島新富町人形町豊海町新川東銀座馬喰町日本橋堀留町八重洲八丁掘

台東区雷門御徒町鶯谷浅草橋稲荷町駒形蔵前田原町上野浅草

墨田区両国向島錦糸町押上

江東区木場東陽町門前仲町潮見豊洲有明深川清澄白河東雲亀戸深川

江戸川区・葛西(交通費2000円・30分位でセラピストがお伺いします。)

宝町出張マッサージ  |  御成門出張マッサージ

明石町 (東京都中央区) – Wikipedia

明石町(あかしちょう)は、東京都中央区の地名で、旧京橋区に当たる京橋地域内である。「丁目」の設定のない単独町名である。郵便番号は104-0044[2]。
概要
隅田川河口部の西岸に位置し、隣の湊と合わせて鉄砲洲と俗称されるほか、広義の築地に含められることがある。聖路加国際病院の所在地で、区関係施設が数か所存在する。明治に外国人居留地が置かれ、西洋文化と関わりが深い。

地理
京橋地域の東部に位置する。

河川・橋
隅田川
佃大橋
歴史

鉄砲洲明石橋。3代広重作
江戸期
当初の明石町は明石橋東端の極狭い地域であり、江戸時代には現在の町域は明石町の他、十軒町、船松町二丁目、そして町人街と武家地の混在地で占められていた。武家地には赤穂事件で有名な赤穂藩浅野家の藩邸も含まれる。

中津藩奥平家の中屋敷で前野良沢らが解体新書を完成させたため、蘭学事始の地とされる。同屋敷は1858年(安政5年)に福澤諭吉が慶應義塾の前身となる蘭学塾を開いた地でもある。

明治期
1869年(明治2年)には築地居留地が設けられ、文明開化の中心地となった。同年、当地の運上所(現:東京税関)に設けられた電信機役所から横浜裁判所(現:横浜地方裁判所)へ日本初の公共電信が敷かれたことから、電信創業の地とされる。

イギリスの宣教師ヘンリー・フォールズは居留地に滞在中、日本の拇印の習慣に着目して指紋の研究を行ったことから、指紋研究発祥の地とされる。

また明石町は前述の慶應義塾の他、立教大学、明治学院など数多くの大学の発祥地でもある。その他隣接する入船は靴業、築地は活字発祥の地とされるなど、当地やその周辺を発祥地とするものは数多い。

その後
居留地は治外法権撤廃に伴い1899年(明治32年)に廃止されたが、聖路加国際病院などの西洋的施設は残り、居留地時代の遺風を残した。1932年(昭和7年)に入船町六丁目の一部を編入する。

1945年(昭和20年)の東京大空襲では、聖路加病院の存在により築地一帯は被害を免れた。終戦後GHQにより近辺の建物が接収された。

1968年(昭和41年)に入船町三丁目の一部を編入し、現在の町域が完成した。平成には聖路加ガーデンなどのウォーターフロント開発が進んだ。

町名由来
播磨国明石の漁師が移住してきたからとも、当地を明石浦に見立てたものともいう[4]。いずれにしても、現在の兵庫県明石が由来である。

世帯数と人口
2019年(令和元年)9月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである。

引用元:明石町 (東京都中央区) – Wikipedia

トップページ

サブコンテンツ

このページの先頭へ