赤坂陽光ホテル出張マッサージ

電話予約 スマホ、携帯から⇒080-7812-3053



赤坂陽光ホテル出張マッサージの施術の風景


赤坂陽光ホテル出張マッサージのセラピスト紹介


赤坂陽光ホテル出張マッサージのリンパマッサージ


赤坂陽光ホテル出張マッサージのオイルマッサージ


赤坂陽光ホテル出張マッサージ


電話


■東京都港区赤坂  赤坂陽光ホテル出張マッサージ  30代女性
会社の研修旅行で東京入りをしました。研修なのでただ単に話を聞いていれば良いと思っていましたが、休憩が入るとは言えども、7時間程度、椅子に座り話を聞いていたので、2日目終了時点で、身体がえらいしんどくなりました。重労働をした訳ではありませんが、身体がだるいので、出張マッサージさんの手配をしたいと思いました。SNS等でブログチェックをしたところ、口コミ多数の出張専門店をみつけたので、ここだと思いまして、問い合わせした結果、とてもよさげな感じでしたので、90分コースのオイルマッサージコースを夜の22時より予約しました。時間になると同世代のセラピストさんが部屋を尋ねてくれたので、とっても不思議な感じでした・笑。出張マッサージってこんなに若い層のセラピストさんがいるんだと少し驚きでした。しかし、施術力も高くてよかったですよ♪

◎初めての出張マッサージのご利用をくださり誠にありがとうございます。当店は女性のお客様のご利用も多く、当日のご予約も歓迎ですので、どうぞまたの機会にも是非ご利用くださいませ。

セラピストのプロフィールコース料金お客様の感想セラピスト募集

赤坂陽光ホテルのご案内

住所 東京都港区赤坂6丁目14−12
アクセス 地下鉄千代田線「赤坂駅」6番出口を左手徒歩5分
部屋施設 235室
宿泊料金 ¥3,432
チェックイン時間 15:00~
チェックアウト ~10:00
パーキング 有り(2,200円/日)
備考 3つ星ホテル
URL 東京ミッドタウン徒歩7分
赤坂陽光ホテル【公式】

赤坂陽光ホテルの情報

赤坂陽光ホテル

赤坂陽光ホテルを使ってみた感想ですがビジネスホテルとしては比較的良いように感じました。特に私がここを使ってみて良かったと思ったのは思っていたよりも部屋が綺麗だと感じた点でした。なぜなら、ホテル自体は外観は古い感じがして少し古い印象を受けたので少し心配になったのですが実際に部屋に入ってみると思った以上に部屋綺麗だったからです。なので思ったよりも部屋が綺麗で全然古い印象を受けなかったのでその点は満足度は高かったです。またここに泊まる際に無料でペットボトルの水がもらえたのも良かったです。これまでそういうビジネスホテルはなかったのでこういうサービスがあるのは良かったと思いました。なのでまた利用する機会があればここを使いたです。

赤坂陽光ホテルのお客様感想

赤坂陽光ホテルは赤坂駅から歩いて5分の距離にあるため、とてもアクセス性が良く歩くのが苦手な私に助かりました。明るい雰囲気に包まれた館内は、かなり居心地が良くて長居するのに最適と感じました。都会の一等地と呼べる場所にあるにもかかわらず、宿泊費がリーズナブルなので、ビジネスホテルを探していた自分にピッタリでしたね。

朝食バイキングもあって、美味しい食事を存分に堪能できるのも、赤坂陽光ホテルの魅力です。Wi-Fi環境もまったく問題ありませんでしたし、ストレスなく宿泊できました。赤坂陽光ホテルは安くホテルに宿泊したい人にピッタリですし、リーズナブルなホテルを探していた私にはありがたかったです。

見晴らし面でも申し分ないので、東京を観光目的や仕事で訪れた際には、赤坂陽光ホテルはかなり適していると思います。照明も明るめで館内や部屋内が見やすいため、リーズナブルとは思えないかなり良い環境のビジネスホテルに感じました。

2020年12月01日最新情報 オススメセラピスト

  • 出張マッサージのセラピスト 氷川ゆみ氷川ゆみ
  • 出張マッサージのセラピスト 保科めぐみ保科めぐみ
  • 出張マッサージのセラピスト 石原りか石原りか
  • 出張マッサージのセラピスト 中川美紀中川美紀
  • 出張マッサージのセラピスト 飯田亜美飯田亜美
  • 出張マッサージのセラピスト 宮城小春宮城小春

  • 出張マッサージの電話
  • 出張マッサージの体験漫画

赤坂陽光ホテル付近の出張マッサージ関連地域

  • 富山県赤坂会館
  • 相鉄フレッサイン東京赤坂
  • 赤坂エクセルホテル東急
  • 赤坂グランベルホテル
  • 変なホテル東京赤坂
  • ホテルレックス赤坂
  • ホテル出張マッサージ
  • 赤坂出張マッサージ
  • 赤坂クリスタルホテル出張マッサージ  |  アルカトーレ六本木出張マッサージ

    トップページ

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ