お茶の水ホテルジュラク出張マッサージ

電話予約 スマホ、携帯から⇒080-7812-3053



施術の風景


セラピスト紹介


リンパマッサージ


オイルマッサージ


お茶の水ホテルジュラク出張マッサージ


電話


タイ式のマッサージというのがそこそこ認知度を高くしてきています。それだけマッサージに需要が出ているということでもあるのですが、これは実はオイルマッサージの一種になっています。そこで大事になってくるのがどんなオイルでやっているのかということでしょう。身体によいもの、肌によいもの、というのがまずは確認したいところです。タイ式のポイントとしてあるのがストレッチのようなことをしつつ、マッサージをする、ということでしょう。それこそが有難い部分でもあります。身体がこっている、というのはストレッチ運動でも解消できます。それらの相乗効果でさらに身体の血のめぐりをよくすることができるようになります。オイルも身体を柔らかくする効果もあったりします。

お茶の水ホテルジュラクにセラピストが出張マッサージにお伺いします。

セラピストのプロフィールコース料金お客様の感想セラピスト募集

お茶の水ホテルジュラクのご案内

住所 東京都千代田区神田淡路町2-9
アクセス JR中央線、総武線「御茶ノ水駅」下車聖橋口、地下鉄千代田線「新御茶ノ水駅」B2出口より徒歩2分
備考 【公式サイト・特典】お茶の水ホテルジュラク

お茶の水ホテルジュラクの情報

お茶の水ホテルジュラク

お茶の水ホテルジュラクは、JR中央線・総武線の御茶ノ水駅 聖橋口 より徒歩2分ほどで着くので、利便性はよいです。ビジネスプランなども準備され、素泊まりでリーズナブル価格にて利用することができます。朝食付きプランでは、自然派朝食ビュッフェ付きプランは人気があり、ビュッフェレストラン「百彩健美 あけびの実」は様々な自然食を楽しめるので、かなり人気があります。朝から美味しいものを食べて、活動的な1日にすることができます。受験シーズンは、受験生応援プランもあり、朝夕の2食付きで安心して過ごすことができます。都内への利便性もよいので、観光客やビジネスマンに人気があるホテルです。リーズナブルな価格で提供しているので、利用しやすいです。

出張マッサージ「東京リンパの壺」について

「東京リンパの壺」は東京都内を中心にご自宅・ホテル・お勤め先などへお伺いする出張マッサージ店です。確かな技術と洗練されたマナーを兼ね備えた女性セラピストにより、お客様に究極の安らぎをお届けいたします。男性・女性、年代問わず、幅広いお客様からご利用いただいており、お客様お一人おひとりに合わせた施術をご提供しております。 またカップルやご夫婦、お友達同士での施術も承っておりますので、大切な方との記念日などにも是非ご利用ください。

当店でタオル等、備品は全て用意しますのでお客様は、宿泊先ホテルにてお待ちいただくだけで大丈夫です。


2020年10月19日最新情報 オススメセラピスト

  • 出張マッサージのセラピスト 氷川ゆみ氷川ゆみ
  • 出張マッサージのセラピスト 保科めぐみ保科めぐみ
  • 出張マッサージのセラピスト 石原りか石原りか
  • 出張マッサージのセラピスト 中川美紀中川美紀
  • 出張マッサージのセラピスト 飯田亜美飯田亜美
  • 出張マッサージのセラピスト 宮城小春宮城小春

  • 出張マッサージの電話
  • 出張マッサージの体験漫画

お茶の水ホテルジュラク付近の出張マッサージ関連地域

  • ホテル龍名館お茶の水本店
  • ホテルマイステイズ御茶ノ水
  • アパホテル御茶ノ水駅北
  • 相鉄フレッサイン御茶ノ水神保町
  • ザ・ビーお茶の水
  • お茶の水セントヒルズホテル
  • サクレン神保町
  • 東京都内のホテルに出張マッサージ | 【東京リンパの壺】
  • 御茶ノ水で出張マッサージを呼ぶなら | 【東京リンパの壺】
  • ヴィラフォンテーヌ東京上野御徒町出張マッサージ  |  コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション出張マッサージ

    聚楽 – Wikipedia

    株式会社聚楽(じゅらく)は、東京都文京区に本社を置く、レストラン・ホテルの運営を行う会社。東京都内、とくに上野・神田周辺を中心に、レストランや外食店舗を展開するほか、お茶の水「ホテルジュラク」をはじめ、伊東温泉、飯坂温泉などの観光地でホテルを運営している。
    概要
    上野駅前のシンボル的存在であった「西郷会館(上野百貨店)」に居を構える「聚楽台」はファミリーレストランの先駆け的存在で、同社を代表する店舗でもあったが、同会館の建て替えに伴い2008年に閉店している。当初は建て替え後に再入居予定だったが、店舗面積で折り合いがつかず、出店を断念せざるを得なくなった。

    1970年代から1990年代にかけて、関東及び東北ローカルでCM放送を行っていた。各地のホテル紹介と「遊びきれないホテルは聚楽」というCMソングの最後に、マリリン・モンローのそっくりさん(声は本家と同じく向井真理子が吹き替え)が出演して「じゅらくよ〜ん」というセリフがあり、当時放送されていた「ヤットデタマン」でネタにされるなど、長らく話題を集めていた。

    福島県の飯坂温泉にある「ホテル聚楽」は現在でも「高級旅館」というイメージを持つが、地元の人間ですら「ホテル聚楽」がチェーン展開している事を知らず、個人経営だと勘違いしている。

    創業者は「日本の食堂王」と称された実業家加藤清二郎である。

    引用元:聚楽 – Wikipedia

    トップページ

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ