ゲートホテル雷門出張マッサージ

電話予約 スマホ、携帯から⇒080-7812-3053



ゲートホテル雷門施術の風景


セラピスト紹介


オイルマッサージ


ゲートホテル雷門出張マッサージ


電話


■東京都台東区 ゲートホテル雷門出張マッサージ 50代女性
東京へは仕事半分、プライベート半分でやって参りました。東京へ来ると出張マッサージを呼ぶことがありますが、今回もしっかりと呼ばせていただきました。今回はセラピストの石原さんを指名しましたが、オイルマッサージの施術、本当に良かったです。肩凝り首凝り、眼精疲労などがあるので、特に上半身に重きを置いてもらって施術をしてもらいました。オイルを使ってもらうと、滑りも良いですし、身体のツボにもしっかりと入るので、普通のマッサージよりも私は効果的だと思っています。また、身体の内側からしっかりと温まってくれるところも好きですね。また、次も石原さんを指名させて頂きます。今回はありがとうございました。

☆ご常連様としてのご利用を誠にありがとうございます。オイルマッサージは疲労緩和効果もありますので、今後も是非東京へいらした際はご利用くださいませ。セラピストのご指名もありがとうございます。

ゲートホテル雷門にセラピストが出張マッサージにお伺いします。

ゲートホテル雷門のご案内

住所 東京都台東区雷門2-16-11
アクセス つくばEX浅草駅・出口A1徒歩8分
備考 東京メトロ銀座線浅草駅より徒歩2分、東武スカイツリーライン浅草駅より徒歩3分、地上14階建ての都会的なシティホテル。最上階ロビーフロアよりスカイツリーが望める同ホテルは雷門まで徒歩3分、上野公園まで3km、東京スカイツリーまで徒歩20分ほどである
ゲートホテル雷門

雷門の目の前にある便利なゲートホテル雷門

ゲートホテル雷門

ゲートホテル雷門は、ホテルの名前の通りに雷門の目の前にたつホテルです。ロビー階は13階なのですが、その広くて明るい一面の窓からは東京の下町が眼下に広がり、またスカイツリーなどもドーンと見えるので風景が素晴らしかったです。昼間の景色と夜景の景色もどちらも楽しめるので最高の東京ステイとなりました。部屋はビジネスホテルの広さでしたが、隅々までお手入れが行き届いており非常に清潔感があるので何泊しても気分良く利用することができました。
朝食も充実した品数で洋食だけでなく和食も取り揃っており朝からしっかり美味しい食事でエネルギーチャージすることができました。場所的に都内のあらゆる観光スポットへの拠点となりうる浅草で大満足できました。

ゲートホテル雷門でご宿泊の感想

外国人の上司と一緒に東京へ出張した際に日本らしさや独特の雰囲気を楽しむことが出来る浅草にあるホテルの方が良いのではないかと思って、このゲートホテル雷門のお部屋を予約しました。私は一番安いモデストというタイプの部屋に宿泊したのですが、それでもお部屋に高級感があってオシャレでしたので、お部屋のスペースはちょっと狭かったのですが居心地が良かったです。

またお部屋にネスプレッソマシンが置いてあったり、電気ポットと紅茶と日本茶のティーバックがあったので部屋でちょっと仕事をしながら温かい飲み物を飲むことが出来て凄く良かったです。そして上司は奥さんと一緒に宿泊されたので、エッセンシャルというタイプのお部屋に宿泊されたのですが、興味本位でその部屋にもお邪魔させてもらったら、部屋のスペースがゆったりしていて上品でオシャレでした。

後で上司と奥さんにお部屋の感想を確認してみると、ベッドも寝心地が良くて快適に過ごすことが出来たと言っていました。そしてこのホテルを選んで予約したことを感謝してくれたので本当に良かったと思いました。

セラピストのプロフィールコース料金お客様の感想セラピスト募集

2020年10月28日最新情報 オススメセラピスト

  • 出張マッサージのセラピスト 氷川ゆみ氷川ゆみ
  • 出張マッサージのセラピスト 保科めぐみ保科めぐみ
  • 出張マッサージのセラピスト 石原りか石原りか
  • 出張マッサージのセラピスト 中川美紀中川美紀
  • 出張マッサージのセラピスト 飯田亜美飯田亜美
  • 出張マッサージのセラピスト 宮城小春宮城小春

  • 出張マッサージの電話
  • 出張マッサージの体験漫画

ゲートホテル雷門付近の出張マッサージ関連地域

  • ホテルセレッソ
  • ホテルレインボー
  • 水月ホテル鷗外荘
  • 三井ガーデンホテル上野
  • 東京都内のホテルに出張マッサージ | 【東京リンパの壺】
  • 雷門で出張マッサージを呼ぶなら | 【東京リンパの壺】
  • グランドセントラルホテル出張マッサージ  |  ザ・ビー赤坂出張マッサージ

    トップページ

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ