表参道出張マッサージ

電話予約 スマホ、携帯から⇒080-7812-3053

おしゃれな街、表参道のエリアにも当店のセラピストが出張マッサージにお伺いします。お客様のご予約をお待ちいたします。



施術の風景


表参道の自宅やホテル


リンパマッサージ


表参道付近


表参道出張マッサージ


電話


30代の女性、今が一番仕事が楽しい時かもしれません。たまに愚痴も出ますが好きな仕事に就けているので充実した生活です。しかし充実している毎日と言ってもやっぱり体力的には厳しいと感じる事もあります。特にハードな仕事が続いた週末にはどっと疲れが出ることがあります。そこで最近始めた自分メンテナンスです。最低でも月に1日は身体をきちんとメンテナンスしてあげる日を作ったのです。そうする事で、また週明けから良い仕事が出来るのでこれからも続ける予定です。私のメンテナンス方法は、お昼までとりあえずゆっくりと寝ます。午後からはスポーツジムで汗を流しサウナへも入ります。夕飯は好きな物を食べて、メンテナンスの日はお酒は抜きます。夜は最近お世話になっている、セラピストさんに自宅に来てもらい120分間じっくりと足裏マッサージとフェイシャルマッサージを受けます。この流れのメンテナンスをする様になって体の疲れ方が全く違いますし、肌の艶も出てきたと言われる事が多くなりました。セラピストさんは毎回同じ方を指名しているので、いつもの強さでマッサージを進めていってもらえるので、私は120分間とにかく体をお任せします。自分の身体のメンテナンスをしていると体調管理や体重管理も出来るので、今後も自分の為に続けて行こうと思います。

利用目的に合わせたオイルマッサージを選びたい

オイルマッサージは、精油を使った全身マッサージを指します。基本的にオイルを使ったマッサージを行なうもの全般がオイルマッサージですが、毒素の排出を狙った目的で行なうオイルマッサージについては、リンパマッサージと特別な呼び方をしているわけです。しかし、オイルマッサージといえば利用者が好みのアロマオイルをセラピストと相談しながら選び、リラックス効果を狙ってゆったりと受ける施術を指します。時にはゆったりとした音楽をかけながら、セラピストとの会話を楽しみつつオイルマッサージの施術を受けることも可能です。手肌の温もりを感じながら、お気に入りのセラピストとリラックスした時間を過ごせば、リラクゼーション効果を体感出来るでしょう。

私たちと一緒に出張マッサージのお仕事をしませんか?詳しくはこちらセラピスト募集

出張マッサージ「東京リンパの壺」について

東京都内23区のご自宅、宿泊先ホテルにそしてお客様の元に出張マッサージにお伺い致します。

「東京リンパの壺」と言うと、オイルを使用したリンパマッサージが定番ですがそのほかにもフェイシャルや足裏マッサージ(リフレクソロジー)、タイ古式マッサージなど多種多様の施術を行っております。セラピスト個人によって特技がございますのでご相談上、お決めいただければ幸いです。

また、当店は出張マッサージ専門です。お電話一本でお客様の所へお伺いしますのでをざわざわ店舗に向かわなくてもすみますしセラピストは、全て女性ですので安心して施術が受けられます。女性のお客様にも大変好評を頂いております。


2020年10月19日最新情報 オススメセラピスト

  • 出張マッサージのセラピスト 氷川ゆみ氷川ゆみ
  • 出張マッサージのセラピスト 保科めぐみ保科めぐみ
  • 出張マッサージのセラピスト 石原りか石原りか
  • 出張マッサージのセラピスト 中川美紀中川美紀
  • 出張マッサージのセラピスト 飯田亜美飯田亜美
  • 出張マッサージのセラピスト 宮城小春宮城小春

  • 出張マッサージの電話
  • 出張マッサージの体験漫画

表参道付近の出張マッサージ関連地域

港区表参道付近の自宅やホテル(交通費無料最短10分から20分でセラピストがお伺いします。)
コース料金のみで90分14,000円(税込)
新橋三田六本木台場汐留泉岳寺芝、芝大門田町白金芝浦高輪麻布・表参道・青山赤坂愛宕山竹芝西麻布麻布十番赤羽橋芝公園御成門内幸町海岸港南浜松町

品川区大崎大井町東品川戸越銀座南品川五反田

大田区・羽田馬込・蒲田・大森

目黒区・目黒

渋谷区・渋谷広尾恵比寿代官山猿楽町代々木原宿

蒲田出張マッサージ  |  豊島区出張マッサージ

表参道 (原宿) – Wikipedia

表参道(おもてさんどう)は、明治神宮の参道の一つ。現在の都道413号線のうち、青山通りから明治神宮(原宿駅前)の神宮橋交差点(明治神宮)に至る区間が相当する。
上記の周囲から、地下鉄・表参道駅周辺までを含む一帯の総称。東京都渋谷区神宮前および東京都港区北青山・南青山のそれぞれ一部が相当する。
概要
1919年(大正8年)に明治神宮の参道として整備された大通りが「表参道」そのものであるが、現在ではその通りを中心とする原宿・青山地区の町域を指して「表参道」と称することも一般的である。町域としての表参道には渋谷区神宮前と港区北青山・南青山が含まれ、銀座と並んで高級ブランドの旗艦店が集積しているエリアとしても知られる(「青山 (東京都港区)#ファッションブランド」「神宮前 (渋谷区)#地理」も参照)。隣接する原宿・青山と並んで、東京を代表するファッションブランドの集積するエリアである。
地域としての表参道
通りとしての表参道から、地下鉄・表参道駅周辺までの一帯を「表参道」と呼ぶことも一般的である。その範囲は広く、青山の骨董通り周辺から、青山通り、表参道駅周辺、旧原宿・旧穏田地区の表参道沿いを経て、原宿駅周辺までもが含まれる場合がある。

この一帯はショッピングストリートとして知られ、特に表参道沿いには世界的な有名ブランド店がの路面店が集積している。2006年(平成18年)には大型商業施設・表参道ヒルズ (神宮前4-12)も、表参道沿いに開業した。一方、裏通りは閑静な住宅地となっており、新進気鋭なセレクトショップや有名美容院などが点在し、若者にも人気の地域となっている。

引用元:表参道 (原宿) – Wikipedia

トップページ

サブコンテンツ

このページの先頭へ