代々木出張マッサージ

電話予約 スマホ、携帯から⇒080-7812-3053

東京都渋谷区の北部にある【代々木】のホテルや自宅のお客様の元に出張マッサージお伺いします。交通費無料90分総額14,000円でご案内致します。



リンパの壺の特徴


出張マッサージの料金


出張マッサージの交通費


オイルマッサージ


代々木出張マッサージ

電話

JR代々木駅

元々は【代々木村】として、古く戦国時代にはすでにその名があったのだそうです。江戸時代には、大名・旗本のお屋敷がありました。江戸時代の後期の天保年間に【斎藤月岑】が7巻20冊で刊行した江戸の町などについての一級資料として知られる【江戸名所図鑑】などによれば、現在の明治神宮境内に代々樅の巨木があったことが代々木の町名の由来であるそうです。この木は幕末に、品川沖に現れた外国船の偵察に利用されたのだそうです。JR 代々木駅・小田急電鉄代々木八幡駅付近には、「代々木八幡宮」「明治神宮」「代々木公園」等があり観光スポットとしても有名です。アクセスも非常に良い代々木エリアにお住まいの方、観光でお越しのお客様、出張マッサージを利用してみては、いかがですか。交通費無料で最短で30分以内で到着可能です。

出張交通費 代々木エリア無料
所要時間 最短で30分以内

代々木出張マッサージの利用料金

90min \14,000
120min \18,000
150min \23,000
180min \27,000
240min \36,000
延長 30min \6,000
指名料 \1,000
出張交通費 無料

代々木周辺のホテル

代々木駅まで0.4 kmのホテルサンルートプラザ新宿
交通の便が良く、都内の様々なエリアにアクセスしやすくなっており、ビジネスや観光の際にとても便利です。羽田空港行きバスの停留所なので、乗り換えもなく50分ほどで空港につくことができた。
東京都渋谷区代々木2-3-1

小田急ホテルセンチュリーサザンタワー
東京都渋谷区代々木2-2-1

JR九州ホテル ブラッサム新宿
東京都渋谷区代々木2丁目6-2

景雲荘
東京都渋谷区代々木2-4-2

全理連 代々木の宿 (旧:全理連宿泊部)
東京都渋谷区代々木1-36-4全理連ビル7階

代々木のお客様の感想

■東京都渋谷区代々木 代々木出張マッサージ
疲れの溜まり方が尋常ではなく、できたら、自宅で出張マッサージを受けたいと思いました。たまに近所の30分程度のクイック店を利用していましたが、もっと深くマッサージをしてくれる場所を探して、ある方のブログ上でこちらを知りました。料金や時間などのシステムをお聞きしたかったので、すぐに問い合わせをしました。丁寧に説明をしてくれて、料金に関しても想像していたよりもお手ごろだったので、その場で予約を入れました。来てくれたセラピストさんは朝倉さんと言う方でしたが、とても丁寧な施術をしてくれる人でした。たっぷり120分コースを受けたお陰で、ロミロミマッサージやタイ古式マッサージなど多彩な施術をして頂き、疲れもすっかり飛びました。ありがとうございました。

◎初めての出張マッサージをご利用をいただきありがとうございます。ブログからご縁を戴けて、とても嬉しく思います。セラピストとの相性も良く幸いです。また、いつでもお疲れの時はご利用くださいませ。セラピスト一同でお待ちしております。

2020年10月30日最新情報 オススメセラピスト

  • 出張マッサージのセラピスト 氷川ゆみ氷川ゆみ
  • 出張マッサージのセラピスト 保科めぐみ保科めぐみ
  • 出張マッサージのセラピスト 石原りか石原りか
  • 出張マッサージのセラピスト 中川美紀中川美紀
  • 出張マッサージのセラピスト 飯田亜美飯田亜美
  • 出張マッサージのセラピスト 宮城小春宮城小春

  • 出張マッサージの電話
  • 出張マッサージの体験漫画

代々木付近の出張マッサージ関連地域

渋谷区代々木(交通費無料最短20分から30分でセラピストがお伺いします。)
渋谷広尾恵比寿代官山猿楽町原宿

大田区・羽田馬込蒲田大森

目黒区・目黒

品川区大崎大井町東品川戸越銀座南品川五反田

港区新橋三田六本木台場汐留泉岳寺芝、芝大門田町白金芝浦高輪麻布表参道青山赤坂愛宕山竹芝西麻布麻布十番赤羽橋芝公園御成門内幸町海岸港南浜松町

蔵前出張マッサージ  |  田原町出張マッサージ

代々木 – Wikipedia

代々木(よよぎ)は、

東京都渋谷区の北部にある町名。代々木一丁目から代々木五丁目まである。郵便番号は151-0053[2]。
代々木駅や代々木公園を含む地域の汎称地名。「1」のほか、元代々木町や代々木神園町、さらには代々木上原地区までが該当し得る
1889年(明治22年)まで存在した代々木村。「2」の地域に概ね合致する
代々木

代々木一丁目・二丁目のビル群
一丁目
代々木駅があり、駅前には飲食店や事務所などが入居する雑居ビルが多い。代々木ゼミナールはかつて、本部校を含めて多くの建物をこの地に有していたが、2008年(平成20年)に新本部(代々木二丁目)が完成した後には、一丁目の建物や機能は大幅に移転・縮小された。

住居表示実施以前には、代々木駅から南西に向かって、「千駄ヶ谷五丁目」(代々木駅を含む)、「千駄ヶ谷四丁目」、「代々木山谷町」という町域になっていた。

二丁目
北部は新宿駅南口に近く、オフィスや商業施設が多くを占める。1990年代中盤以降、JR東日本本社ビル(1994年(平成6年))、新宿マインズタワー(1995年(平成7年))、小田急サザンタワー(1998年(平成10年))などの超高層ビルが次々に完成した。

住居表示実施以前には、町域の大半が「千駄ヶ谷五丁目」に含まれていた。

三丁目
住宅街が大半を占め、北より、甲州街道沿いには文化服装学院や文化女子大学がある。住居表示実施以前には、町域の大半が「代々木山谷町」であった。

代々木5丁目の住宅地
四丁目・五丁目
明治神宮や代々木公園に隣接し、西参道と小田急線、山手通りに囲まれた町域である。地形は起伏に富んでおり、高台部分を中心に住宅街が形成されている。また、各国の大使館も点在する。

現在は暗渠化されているがここに河骨川(こうほねがわ)という小川が南北を貫き、西原から流れてくる宇田川と代々木八幡付近で、渋谷の宮下公園付近で渋谷川と合流して東京湾に注いでいた。唱歌「春の小川」は、この河骨川を見て作詞されたとされており、記念碑が建てられている。

住居表示実施以前には、四丁目の大部分は「代々木山谷町」、五丁目の大部分は「代々木初台町」の町域に含まれていた。

引用元:代々木 – Wikipedia

トップページ

サブコンテンツ

このページの先頭へ